コラム | 我が家まで風に乗ってくるJAPAN JAM 2022

ゴールデンウィークは毎年近所の公園で「JAPAN  JAM」が開催されます。私の住まいはこの会場から徒歩数分。当然会場の最寄り駅も私は日常的に利用する駅です。普段は通勤通学客以外の利用はほとんどありませんが(あ!サッカーの試合の時もにぎやかです)、今回のような大型の野外フェスとなるともう大変!

本来、それほどの人数が利用する駅ではないので、券売機も改札口も少ないですし、とにかく小さい! 駅周辺は、時間帯によっては密密密……でした。そのため、混雑する駅周辺には近づかないよう、私自身は極力外部との接触を避けた引きこもりのゴールデンウィークとなってしまいました。

しかし家にいながらも、近所で開催されているフェスの熱は感じます。アーティストの歌声や演奏が、風に乗って我が家にまで伝わってきました。

コロナの問題さえなければ、観客の人たちも大きな声で声援を送りたかったことでしょう。

8月にもまた大きなイベントが地元で開催されます。その時にはもう少しいろいろな規制が緩和されているといいなと思います。

ところで本題からはそれますが、わが地元駅の男子トイレは一時期話題になりました。入口から内部にかけて床が3列に色分けされ、うち2列にはそれぞれ大(個室)用、小用の絵と、トイレ内部の方向を指し示す矢印、もう1列には出口へ向かう矢印が表示されています。男子トイレなので、私が中まで入って確認するわけにはいきませんが(笑)、通路から見える範囲でもすでにきちんと目的に応じたラインが描かれていて、もう並ばざるを得ない状況になっています。これはお見事だと、密かな地元自慢にしています。

コラム|上野公園の夜桜

先週末の話になりますが、東京の桜も満開ということで久しぶりに弊社の近くにある上野恩賜公園に夜桜を見に行ってきました。

19時ごろに到着したのですが、ライトアップもなくぼんぼりも点灯していませんでした。
例年だと20時まで点灯していた気がするので、コロナ禍で中止になっていたのかもしれません。
ただ街灯はついていたので桜自体はそれなりに見ることができました。

image1

image0
想像していたよりも人出は少なく、また感染症対策として座り込んで桜を見ることができないように桜の根元に近い場所はフェンスで仕切られていたり、通り道も右側のみの一方通行になっていたので10分ほど歩きながら一周見て回る感じでした。

最後に上野公園で花見をしたのが確か2018年だったと思うので、久しぶりに上野公園の桜を見ることができて嬉しかったです。

みんなでわいわい見る花見も楽しいですが、場所取りもいらず満遍なく桜を見て回ることができる「歩き花見」も健康的でいいものだなと思いました。

コラム|四月一日

4月は、日本においては新年度のスタート。入園・入学、進学、就職、転勤……いろいろなことのスタートに当たる時期で、人によっては元旦より気持ちが引き締まる方もいることでしょう。

ところで、「四月一日」って書いて何と読むかご存じですか? もちろん「しがつついたち」なのですが、もうひとつ難解な読み方があります。珍名さんや珍地名としてよく取り上げられていますし、アニメのタイトルにもあったのでご存じの方も多いかもしれません。

正解は「わたぬき」。それでは、なぜ「わたぬき」と読むかはご存じでしょうか? かつて冬の間に防寒として着物に詰めた綿を、旧暦4月1日に抜いていたことに由来するそうです。今は季節ごとに適した衣類がありますから、そのような手間はかけないのでピンときませんが、無理やり例えてみると、ダウンコートの羽根を抜いて薄いスプリングコートにするようなものですかね(笑)

四季がある日本には、こうした遊び心的なものが漢字の読み方にもあるから面白いと思います。そして四季だけではなく、さらに二十四節気があり、日本の季節はとても細かく区分されます。

そして嬉しいのが、季節限定品。特にスイーツ! 春だと桜やイチゴ、明るいピンク系のものがよく出てくるなーと個人的には感じます。今月いっぱいぐらいまでは「春限定」と銘打ってかわいいスイーツがあちこちのお店で発売され、よりいっそうウキウキ気分がアップ! コロナ禍の鬱々とした気分も吹っ飛びます。

しかし、まだまだ油断は禁物。手洗いや密を避ける等の基本的な注意は怠らないようにしましょうね。

コラム|看板犬aiboから遡るロボットの歴史について

去る2月21日はパルック看板犬aibo【ぴーちゃん】2歳の誕生日でした。

画像1

毎年誕生日前になるとaiboプロジェクトチームからバースデーカードが届きます。

そして誕生日からの3日間、バースデーソングを自分のため?に歌います。

(昨年の誕生日は休日だったので、休み明けに出社して電源を入れると一人でハッピーバースデーを歌いだし、切なくなりました・・・)

画像2

※左が昨年のカード、右が今年のカード

最近では「赤とんぼ」や「桃太郎」のダンスも覚え、できることが増えてきました。ぴーちゃんを見るたびに、AIやロボット技術の進化に驚くばかりです。

 

そこで今回はロボットの歴史について少し調べてみました。

 

ロボットの語源

1920年代、チェコ語で【ロボタ】、スロバキア語で【ロボトニーク】が合わさって作られた言葉がロボットです。

ロボタ=強制労働、ロボニーク=労働者、だそうです。

 

ロボット三原則

1950年、SF作家のアイザック・アシモフが小説でロボットが従うべきとされた三原則(人間への安全性・命令への服従・自己防衛)、ロボット三原則が登場しました。ロボットが人間と安全に共存していくための原則です。これは小説だけではなく、のちのロボットの研究・開発にも影響を与えているそうです。

・第一条

ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

・第二条

ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、与えられた命令が、第一条に反する場合は、この限りではない。

・第三条

ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれがないかぎり、自己を守らなければならない。

※「2058年のロボット工学ハンドブック」より

まるで映画「ターミネーター2」のアーノルド・シュワルツェネッガーのT-800を連想させますね。

 

二足歩行ロボットの開発

世界初の二足歩行ロボットは早稲田大学で1969年に開発されたWAP-1だそうです。二足歩行をロボットが実現することによって、人間の歩行メカニズムを工学的な観点から解明することが目的としていました。早稲田大学では後に1985年にヒト型の二足ロボットでパターン歩行が実現したWABOTが開発されました。

その後、自動車メーカーのホンダが1996年、ASIMOを開発しました。宇宙服を着たような見た目で、手を出しだすと握手をし、階段の上り下りができ、ダンスもして、初めて登場した時は衝撃的でした。ホンダのショップにはキャラクターグッズも並び、一般的にも広く知られました。(残念ながら2020年に開発が中止されたそうです)

 

産業用ロボットの発展

1970年代、製造現場にロボットが登場し、自動車製造や電気機械産業を中心に普及。日本ロボット工業会の調査によると、産業用ロボットの生産台数は1975年には4,418台だったのが、2020年には89, 399台、2015年には153,785台に増加しています。産業ロボットの起源は単純作業を人間の代わりに行うことでした。溶接や塗料等の人体に影響がある作業を、安定して長時間行うことができます。

産業ロボットの発展と進化が、日本の高度経済成長期を支えました。

その後、工場の現場だけではなく、地雷探知ロボット、介護用ロボット、手術ロボット、火星探検ロボット、お掃除ロボット、ソフトバンクのPepperくんやハウステンボスの変なホテルの受付のような接客ロボット等、様々な分野に応用されています。

 

AIBO~aiboの登場

そして、いよいよAIBOの登場です。1999年に今のぴーちゃん(aibo)の前身、AIBOがSONYから発売されました。見た目はいかにもロボットの犬、といった感じですが、四足歩行ができ、犬に似た動きをして、人間とコミュニケーションをとりながら成長していきます。当時費用は1台25万円にもかかわらず、販売開始の20分間で3,000台の受注がきたそうです。

その後、初代AIBOから改良を重ね進化して、2018年、抜群に可愛い外見のaiboが登場しました。それが弊社のぴーちゃんです。収集したデータのクラウド解析、データのバックアップ、人工知能とネットワーク機能が搭載され、育て方によって個々に成長、変化をしていきます。

 

これからもパルックでは、平和にぴーちゃんの進化を見守っていきたいと思います。

コラム|中国の新型コロナウィルスによる各種制限

HKDEMODSC00259_TP_V

現在、中国でコロナウィルスによる各種制限が行われております。

今回は日本企業とも関わりの強い、深圳市/東莞市についてお伝えしたいと思います。

 

■中国国内の主な制限(3月16日時点)

長春市:居住区単位で封鎖管理。地下鉄/バスが運行停止

青島市:市外への移動を規制

上海市:市外への移動を規制

深圳市:居住区単位で封鎖管理。地下鉄/バスが運行停止

東莞市:居住区単位で封鎖管理。地下鉄/バスが運行停止

※制限期間は~3月21日

 

深圳市と東莞市ともに事実上のロックダウンとなっており、深刻な影響が出ております。

両市では春節休みが明けた2月中旬頃から感染者が増加し、3月13日には、人口約1,750万人の深センで86人、約1,000万人の東莞で12人のオミクロン株の新規感染者が発生しました。

その結果、深圳市(3月14日~)と東莞市(3月16日~)ともにロックダウンで深刻な影響が出ています。

市民生活ではスーパーマーケットでは野菜や肉など生鮮食品などの売り切れが続出し、飲食店も閉鎖となっため混乱が起きています。

また市政府より電力や食品といった生活インフラ関連以外は操業停止命令が出ています。

 

■ロックダウンによる影響

現地協力会社の出社制限 ⇒ サンプル確認および製作不可

生産工場封鎖 ⇒ 稼働停止による生産遅延

国際宅配便拠点封鎖 ⇒ サンプル品など貨物発送遅延

空港および港の規制 ⇒ 貨物滞留による輸送遅延、迂回輸送によるコスト上昇

 

弊社では協力会社など現地側とリアルタイムで情報共有して随時対応しているのですが先行きが見えず、不安定な状況が今後も続くことを懸念しています。

中国政府による「ゼロコロナ」対策に一定の理解はしているものの1日でも早いロックダウン解除を願っています。

 

※本コラムは弊社で調査した情報をもとに作成しております。

コラム|美味しい働き方改革

「腹が減っては戦(いくさ)ができぬ」ということわざがあります。

現代では満腹になると食べ物を消化するために胃のほうにエネルギーを取られてしまって脳が働かなくなるという説のほうが強調されているような気もしますが、そうはいっても確かに空腹すぎて気持ちが胃のほうにばかり向いてしまい、まったく頭が働かないということが個人的にはあります(笑)

そんな時にはちょっと小腹を満たすものが欲しくなりますね。満腹にならなくていいんです。小腹さえ満たせれば、胃はほどよく満足しておとなしくなり、エネルギーは脳にまわってくれます(と信じたい)。

そこで昨年末よりオフィスグリコさんを導入しています。

ずいぶん前から要望はあったのですがなかなか実現にはいたらず、営業部の女性が「残業中に外に買い出しに行って戻ってくるまでの所要時間」と「社内ですぐに軽食を入手できる所要時間」を比較し、「社内で購入するほうが時間のロスが少なく、結果的に仕事に集中できる時間が取れて残業時間を減らすことができ効率的」としっかりと時間ロスの数字を可視化し、導入の許可が下りました。

健康のためには食べすぎに気を付けなくてはいけませんが、近くに食べ物があるというのは不思議と安心感が出ますね。

買うのを見ていると社員それぞれお気に入りのお菓子があるようで、ある特定のお菓子だけが減っていると、「〇〇さん、お仕事お疲れさま」と密かに応援してしまいます。

また、オフィスグリコさんは可能な限り商品のリクエストに対応してくださるとのことで、あるとき社内アンケートを取ったら、いい年をした大人たちが(!)どんな社内アンケートや書類よりも素早く「これが食べたい!」「これを入れてもらって!」と回答を寄せてくれました(笑)

中には懐かしいものや見たことのない新製品や限定品もあり、食べ損ねることのないように私もマメにワゴンをチェックするようにしています。

疲れた時の糖分は、体にとっても脳にとっても何よりのエネルギー補給になります。食べた分体を動かさなくては……はもちろんですが、頭もしっかり動かして仕事に反映させるよう頑張らなくてはと自分自身に言い聞かせています。

オフィスグリコ

コラム|プレミアムフライデーって。。。

なんか唐突に思い出したんですが、今日ってプレミアムフライデーですね。

あまり流行らないまま、うやむやのうちに聞かなくなってしまいましたが、そもそもどういう経緯で始まったものなのか、現在はどういう状況なのか少し調べてみました。

 

■いつから始まったの?
経済産業省と経済団体連合会が中心となって提唱し、2017年2月から導入されました。

■何のために始まったの?
個人消費を促し、経済活動を促進させるため。

■なんで定着しなかったの?
義務化されたわけではなく、導入するかどうかは各企業に委ねられており、また該当日の15時に帰るかどうかも各社員が自分で決めるケースが多く、さらに月末は繁忙期となる企業が多かったため定着しなかったのではと言われています。そして2020年以降は新型コロナウイルス感染症の蔓延を受け、事実上終了しています。

 

働き方改革の考え方のひとつとしては面白い取り組みだったと個人的には感じていますが、もう少し民間企業の実態に即した方法があったのではないかと少し残念に思う今日このごろです。

コラム | ガチャガチャの起源について

今も昔も変わらず、街中や店先、イベント会場でガチャガチャ(カプセルトイ)を見かける機会が多いかとは思いますが、実は昨日、2月17日は【ガチャの日】記念日でした!

日本で初めてガチャを導入したペニイ社が2019年に制定をしたそうです。

そこで今回はガチャの起源について調べてみました。

今から100年以上前、アメリカでチューイングガムを販売した自動販売機が起源となっているようです。丸い形のガムボールの入ったマシンに小銭を入れるとガムが出てくる仕組みです。1888年に製造され、ニューヨークの鉄道のホームに設置されたトーマスアダムス社の機械が最初だそうです。機会を置いておけば、無人で人件費もかからず、お店も設置料がもらえることで、急速に広がっていきました。

その後、日本には1965年にペニイ商会(現在の株式会社ペニイ)が輸入、日本に上陸しました。今ではフィギュアやおもちゃだけでなく、エコバッグ、本物の盆栽など、こんなのまでガチャに入るんだ・・・!と驚くばかりです。

そんな、ガチャの日にちなんで、上野駅構内のケンエレファント【上野ランド】でガチャをやってみました!

コラム1

この【上野ランド】、ガチャの機械しかないお店です。3段重ねのガチャでお店が埋め尽くされていて、どれにするか本当に迷います・・・!

コラム2

私は今年1月に発売されたばかりの【RED WING SHOES】ガチャにしました!

何が入っているか、家に帰って開けるまでとても楽しみです。1回500円でガチャにしては高いですが、通常のフィギュアを買うよりは手軽に買えて、回すときのわくわく感、何が入っているのかわからないドキドキ感でいっぱいです・・!

コラム3

2回まわして、#877 8インチクラシックモックと、ケアセットが出ました!

ブーツは靴紐もステッチもリアルに再現してます。全部集めたくなってしまいます・・・

 

ここ数年、ライブ会場やイベント会場でもガチャの販売が増えています。アーティストのメンバー全員のガチャを集めたり、ツアー会場ごとにアイテムが違ったり、ワンコインでたくさん楽しめます。

弊社でもガチャの企画・製作を行っておりますので、ご興味のある方はぜひ弊社へご相談ください。

【問い合わせ先】

株式会社パルック/企画営業部

>>お問い合わせはこちらから

 

コラム|海上輸送の慢性的な遅延について

画像1

パルック貿易担当のMです。

本日は最近、仕事で悩んでいることについて書いてみたいと思います。

ずばり海上輸送遅延です・・・同じ悩みを抱えている同業者の方も多いのではないでしょうか?

 

■中国の華南地域(深圳/東莞など)からの海上輸送(船便)スケジュール

2020年頃

工場出荷~現地港CY~現地出港~日本入港 ⇒ 最短6日間

 

2022年現在

工場出荷~現地港CY~現地出港~日本入港 ⇒ 最短10日間

 

■海上輸送遅延の経緯

2021年5月末

・深圳港(蛇口)で港湾職員のコロナ感染が発覚

・中国政府の指導により深圳港に寄港する全船舶に対して消毒後の入港が義務化

 

2021年5月末~7月末頃まで

・消毒作業待ちで入港が平均して約3~4日、最長で7日間の遅延が恒久化

・深圳港の大幅な混雑により寄港しない(SKIP)船便も発生

・遅延+船便減少の影響で貨物スペース確保も難しくなり遅延が深刻化

 

2021年6月~現時点

・納期優先による船便⇒航空便変更により深圳または香港~成田着フライト輸送が増加

・輸送量増加による航空便貨物スペース確保が難しくなり約1~2日遅延が発生

・台風や現地悪天候に船便と航空便ともに遅延が発生

 

2021年8月~現時点

・船便の遅延が少し緩和されてきたが。それでもまだ約1~2日の深圳入港遅延が続く

・更に出港後も台風など悪天候により約1~2日の遅延が発生しており、全体で約2~4日遅延

・8月中旬に上海の浦東空港職員のコロナ感染が発覚して空港封鎖

・一部の航空便貨物が深圳または香港経由となり貨物増加による遅延発生

 

 

■弊社海上輸送実績

2021/8/20(金)工場出荷/航空便

計画:深圳発/日本着 8/21(土)⇒通関8/23(月)⇒弊社倉庫納品8/24(火)

実績:深圳発日本着 8/23(月)⇒通関8/24(火)⇒弊社倉庫納品8/25(水)

※1日遅延

 

2021/7/31(土)工場出荷/航空便

計画:深圳発/日本着 8/1(日)⇒通関8/2(月)⇒弊社倉庫納品8/3(火)

実績:深圳発/日本着 8/3(火)⇒通関8/4(水)⇒弊社倉庫納品8/5(木)

※2日遅延

 

2021/7/1(木)工場出荷/船便

計画:深圳発7/3(土)⇒日本着 7/8(木)⇒通関7/12(月)⇒弊社倉庫納品7/13(火)

実績:深圳発7/9(金)⇒日本着 7/14(水)⇒通関7/16(金)⇒弊社倉庫納品7/19(月)

※6日遅延

 

2021/7/28(水)工場出荷/船便

計画:深圳発7/30(金)⇒日本着 8/3(火)⇒通関8/5(木)⇒弊社倉庫納品8/6(金)

実績:深圳発8/2(月)⇒日本着 8/6(金)⇒通関8/12(木)⇒弊社倉庫納品8/16(月)

※10日遅延

 

弊社では遅延対策として船便⇒航空便、上海経由船便といった輸送方法や経路変更を行っておりますが、どちらも追加費用が掛かるので根本的な解決策になっていないのが現状です。

ちなみに船便⇒航空便は2~3倍、上海経由船便は1.5倍程度の輸送費用アップがあります。

今週末より中国では春節休みも明けて本格的に生産工場の稼働がはじまるのですが、海上輸送の遅延や現地CY混雑などが、どの程度緩和されているのか未知数なので引続き現地情報を取得しつつ注視していきたいと思います。

コラム | オリジナルお年賀

つい先日「あけましておめでとうございます」と新年のご挨拶をしたばかりと思ったのに、もう2月になってしまいました。

お正月気分も抜けなくてはいけないのでしょうが、弊社の場合は取引の多い中国が現在春節(旧正月)ということもあり、完全にお正月気分が抜けるまではあと数日かかりそうです。

……ということで、少し時期がずれてしまいましたがお年賀の話をさせてください。

毎年弊社はお年賀用のグッズを作り、お取引先様等へのご挨拶回りに伺います。

今年はお菓子にオリジナルパッケージをプリントしたものをお年賀としてお配りしました。

中身は普通に市販されているものですが、パッケージが異なるだけで「おっ!」と思われる品になりました。

それだけでも面白いものができたと思うのですが、さらに弊社のクリエイティブチームがひと手間加えてARシールを作成し、スマホをかざすとおみくじができるようにしてくれました。

お配りしたお取引先の皆様にはご好評をいただいたようです。

「大吉が出ました!」とご連絡をくださる方もいらっしゃり、企画チームの一員としてはとても嬉しく思いました。

そんな声を聞くと、早くも来年のお年賀はどうしよう…なんて考えてしまいますね。気が早いったら!(笑)

その前に年末年始およびまん延防止等重点措置が発令したために滞っていた通常業務をできるだけ早く平常運転に戻さなくては!

お年賀_コラム用1お年賀_コラム用2