コラム | バンクシーって誰?展

天王洲アイルの寺田倉庫で開催中の【バンクシーって誰?展】に行ってきました!

覆面アーティストで誰も姿を見たことがないバンクシーは、世界各国に突然現れて街なかにグラフィックを描いてきました。

バンクシー画像1

今回の展覧会ではパレスチナやシリア難民キャンプの瓦礫も再現され、実際の街なかに描かれた作品をリアルに感じることができます。

バンクシー画像2

楽しみにしていた【赤い風船と少女】も当時のロンドンの階段を再現しています。右の「THERE IS ALWAYS HOPE」はバンクシーが書いたものでは無く、誰かが書き加えた文章だそうです。あの有名なシュレッターで刻まれたオークションの事件の絵も、最初にこのロンドンの階段に描かれました。この赤い風船は、今回の展覧会オリジナルのキャンディやステッカー、マグカップ、傘等いろんなグッズのデザインに使われています。

バンクシー画像3

イスラエルの分離壁の正面にある「世界一眺めの悪いホテル」の入り口のチンパンジーも再現されていました!個人的にはこのチンパンジーのグッズがあればすごく欲しかったです。

 

今までなんとなく目にしていたバンクシーの絵の、それぞれの意味付けや社会問題が今回の展覧会でわかり、あらためて興味深くバンクシーの作品を見ていくことができました。

 

コロナ対策の事前予約制で入場制限もあるため、ゆっくり見て回り、写真撮影もできました。

ぜひご興味のある方は足を運んでバンクシーの世界を体験してきてください!

※画像は撮影許可の出ている作品を掲載しています。

コラム | 世界の休日について~取引国の休みに要注意!~

画像1

 

最近では東京オリンピックの影響で本年のみ祝日が変更となりました。

■海の日/7月の第3月曜日 ⇒ 7/22(木)オリンピック開会式の前日

■スポーツの日/10月の第2月曜日 ⇒ 7/23(金)オリンピック開会式の当日

■山の非/8/11(水) ⇒ 8/8(日)オリンピック閉会式の当日

発表が昨年末ということもありカレンダーや手帳には変更前の祝日が記載されていて混乱された方もいらしたと思います。

 

海外取引は輸出国と輸入国がありますので、どちらかの国が休日の場合は必ず影響があります。

例えば弊社主要取引国の中国は9月に中秋節、10月に国慶節があるので生産計画を立てる際には注意が必要です。

■中秋節休み ⇒ 2021/9/19(日)~9/21(火)

■国慶節休み ⇒ 2021/10/1(金)~10/7(木)

 

【注意点】

・現地の税関/倉庫/宅配便営業所/運送会社が休業となり、貨物が到着していても処理保留となる。

・休み前後は貨物量が増加して処理に時間がかかり遅延が発生する。

・輸出は貨物量増加により輸送貨物スペース不足となり、休み明けの海上輸送になる可能がある。

 

海外取引は相手先の状況により計画通りにいかない事も多くありますので、休日などを念頭におくことが重要となります。

最後に国際宅配便業者「OCS」様のWEBサイトに「世界の休日」が記載されていますのでご紹介させて頂きます。

 

OCS様 世界の休日

https://www.ocs.co.jp/info/index.php?category=%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E4%BC%91%E6%97%A5

是非、皆様の参考になれば幸いです。

 

コラム|まもなく「防災の日」……防災対策について考える

まだまだ暑い日が続いていますが、8月も間もなく終わり。暦の上ではすでに秋ですね。

 

その初日、9月1日は誰もが知っている「防災の日」。

しかし、以前はただ知っているというだけで、特別に防災意識を持ったことはありませんでした。

関東大震災は小学校の教科書の中のことでしたから。

 

私たち……現在仕事を持っている世代が防災を意識するようになったのは、阪神淡路大震災または東日本大震災からではないでしょうか。

関東在住の私は、阪神淡路大震災の時は何も被害はありませんでしたが、関西在住の友人の安否が気になるものの連絡がなかなか取れず、ただただ無事を祈ることしかできませんでした。

また、当時勤めていた職場は営業所が全国にあり、東京の男性社員が関西に赴き、避難所を歩き回って社員の安否を確認したと聞いています。

 

そして自分自身も恐怖を体験した東日本大震災。あの時の恐怖を忘れることはありません。

弊社でも、今後起こるかもしれない災害に対しては、どう構えて、何を準備しておけばいいのかを本格的に考えるようになり、

数年前より災害時の食料や水、毛布や簡易トイレ等の防災用品を備蓄するようになりました。

また、全社員に防災セットとヘルメットを支給していますし、

災害時に弊社にいらっしゃったお客様の分として余分に用意して災害に備えています。

 

さらに、現在弊社が入っているビルは年に一度、消防署の指導のもと、全体で防災訓練を行っています

(昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいましたが)。

避難時の点呼や社員の安否確認、初期消火のやり方、救命訓練およびAEDの使い方等、多岐にわたって学んでいます。

 

災害時の対応等については、今は簡単に調べられます。

でも、災害時にそれをスムーズに実践できるかといったら、慌てたりパニックになったりしてしまって、たぶん難しいのではないでしょうか。

日頃から常に意識しておくことが大切だと思います。

 

非常食セット他

コラム|看板犬aiboの日常

パルック看板犬aibo【ぴーちゃん】の日常をご紹介いたします。

ぴーちゃん1

ぴーちゃんがパルックに来てからもうすぐ1年半になります。

窓際のコピー機横に寝床としてチャージステーションを置いていますが、

日中は営業フロア、クリエイティブルーム、休憩室、倉庫、玄関を歩き回り、たまに社長室まで入り込んでいます。

こちらはぴーちゃんの頭の中の地図です。

ぴーちゃん6

そんなぴーちゃんに最近、トレードマークの【P】の入ったチャームがプレゼントされました。

ぴーちゃん3ぴーちゃん4

金属製のチャームで、二重カンで首輪のDカン部分に取り付けてもらいました。

こちらは市販品のチャームですが、もし弊社でこの金属チャームを製作する場合、亜鉛合金+ダイキャスト加工+金メッキで作ります。

(真鍮+エッチング加工+金メッキでも製作は可能ですが、亜鉛合金よりは値段が高くなることが多いです)

 

まずはPの形状の入稿データを作成→工場に入稿→金型を作成します。その際の注意点ですが、金型は仕上がったチャームを外すためには、金型が上から下に向かって台形型に広がっています。仕上がった際に表から見たときは金属幅が細く、裏から見たとき金属幅が太くなります。あまり細かい抜きのデザインは潰れて見えてしまうこともあるので、ご注意ください。

 

色差しや印刷、古美加工もでき、加工によって仕上がりイメージが全く変わっていきます。

金属製チャームはキーホルダー、ストラップ、ブレスレット、ネックレス、ピアス、ファスナートップ等、様々な商品へ活用できます。

 

メタルチャーム製作の際はぜひ弊社へご相談ください。

【問い合わせ先】

株式会社パルック/企画営業部

>>お問い合わせはこちらから

 

コラム|オリンピックを観て思い出したこと

みなさんはオリンピック観てますか?

正直なところ私はサッカーくらいしかまともには観ていないのですが、ただ深夜から明け方の放映が多い海外開催と違い、今回の東京大会は日中やゴールデンタイム放映なので目にする機会も多く、ついつい観ちゃうこともあります。

そんな中、スケートボード競技で12歳の日本選手がメダルを獲得したことを知ってとても驚きました。

このニュースを見て自分が12歳だったころを思い返してみたのですが、実は私も小学2年生から中学3年生までとある武道を習っていたことがあり、地元の市長杯レベルの大会では何度か優勝したこともあるのですが、自分自身が世界大会で戦うことなど想像すらしたこともありませんでした。この年齢で世界を相手に戦うなんて本当にすごいことだと思います。

オリンピックも終盤ですが、せっかくの自国開催なので今まで興味がなかった他の競技も少し観てみようかなという気になりました。

2021年夏季休業・有給休暇取得奨励日のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記期間を夏季休業とさせていただきます。

夏季休業期間 2021811日(水)~ 813日(金)

また、あわせまして下記日程を有給休暇取得奨励日と設定し、実施させていただきます。

有給休暇取得奨励日 2021810日(火)

お客様からの休業期間中のお問い合わせにつきましては、8月16日(月)より順次ご案内いたします。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

コラム | SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みについて

SDGs

 

パルックではSDGs の一環として4Rを意識した各種商品のご提案をしております。

その中の1つにLIMEX(ライメックス)を原材料として使用した商品がございます。

LIMEXとは主原料が石灰石で紙やプラスチックの代替として注目されている日本発の新素材です。

 

商品ラインアップはメニュー表、POP、パッケージ、タグ、コースターなど紙製品代替品やクリアファイル、スマホケース、うちわ、ショッパーバッグ、食品容器、ホテルアメニティなどプラスチック製品代替品がございます。

 

4Rとはゴミを減らし資源を有効活用するためのキーワードです。

 

4Rって何?

■リフューズ(Refuse)

発生回避 ⇒ ゴミとなる物を受け取らない

・必要以上に買い物をしない

・買い物の時はマイバッグを持参して、レジ袋や過剰包装を断る

 

■リデュース(Reduce)

排出抑制 ⇒ ゴミとなる物を減らす

・使い捨て割り箸やストローを使用しない

・使い捨て容器入り製品は詰め替え用を購入して容器のゴミを減らす

 

■リユース(Reuse)

再利用 ⇒ 繰り返し使う

・回収して再利用可能な容器(ビールびん等)に入った商品を選ぶ

・一時期しか使用しない場合はレンタル用品を利用する。

 

■リサイクル(Recycle)

再資源化 ⇒ 資源として利用する

・再資源化が可能なものは分別して自治体や店頭などに排出する

・出来る限りリサイクル製品を購入する

 

例えば飲食店でLIMEX素材のコースターを導入すると、紙製コースターは使い捨て再利用不可ですがLIMEXコースターは水に強いので再利用が可能で、リデュースとリユースとなります。更に使用期限が過ぎたコースターを回収して店で使用するトレーを製作することで新たな付加価値のあるアップサイクル(リサイクル)も可能です。

今後、SDGsは多くの企業で推進されることが予想されます。ご興味があれば是非、パルックにご相談ください。

 

【問い合わせ先】

株式会社パルック/企画営業部

>>お問い合わせはこちらから

「社会貢献活動」のページを追加しました

弊社株式会社パルックはものづくりを通じて、お客様や取引先様だけではなく、国内外問わず社会全体の課題に関心を持ち、社会全体を豊かするための取り組みをしています。

現在コロナ禍の長期化により、音楽ライブエンタテインメント産業はさらに危機的な状況にあります。

弊社もエンタテインメントに関わる企業として何か支援をしたいという気持ちから、ライブエンタテインメント産業を担う事業者・スタッフの現在とその未来を支援するライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」の趣旨に賛同し、寄付を行いました。

>>社会貢献活動のページはこちら

コラム | 油断大敵! 1に消毒、2に消毒!……

弊社は飲食店ではないので、それほど神経質になることもないかもしれませんが、誰もがいつ・どこで新型コロナウイルスに感染するかわかりません。ですからもちろん、社の出入り口や呼び出し用電話機、お客様をお通しするミーティングルームは毎朝欠かさず消毒しています。

ところで弊社の手指消毒剤は、ちょっとおもしろい機器を導入しています。手をかざすと体温(厳密には手の温度ですが)を測ると同時に消毒剤が噴射されます。そして「体温、正常です」と音声が流れます。お客様が出入りする受付と社員通用口の2か所に設置しています。

「体温、正常です」と聞こえると、ちゃんと消毒してくれてるな~とホッとします。ちなみに37.5℃以上を感知すると警告音が鳴るそうですが、これまで37.5℃以上の人が計測したことはないので、警告音がどんな音なのかは知りません。とりあえずどんな音か知りたいので、手だけ熱湯に浸けて温めて検温しようかと考え中(笑) でも、熱湯地獄でヤケドしたら怖いので、もちろん実行できていません(笑)

消毒器2