コラム │ ノベルティーの始まり 遡ってみたら、わりと歴史が見えた件

ノベルティーの始まり

ノベルティーの始まり 遡ってみたら、わりと歴史が見えた件

 

昨今の時代流れやテクノロジーの進化、精巧技術により、

手の込んだ玩具や、最先端のデジタルのノベルティー。

数年前には、懐かしの曲の入ったCDがついてきたり、最近ではダウンロード形式のデジタル音源、炭酸飲料の「宇宙旅行」など、多種多様・十人十色なノベルティーが生まれ続けています。

 

そもそもノベルティーって何?

 

僕自信が初めて自分自身のお小遣いで手にしたノベルティーは、男の子ならば誰もが手にしたであろう、ポテトチップスについてくる「スポーツ選手のカード」

アタリのカードの「アタリ」と書かれた部分を切り取り、数枚集めて送るとカードを保管できるカードホルダーがもらえる、いわゆる「インスタントウィン」と「マイレージ」と呼ばれる景品が欲しくて、毎日のように近所の商店に足を運んでいました。

封の空いたポテトチップスの保存の為の輪ゴムが減っていく一方、同じカードがたまっていました。

 

*インスタントウィンとは

消費者が購入・開封したその場でアタリ・ハズレが分かる懸賞システムで、
期待感をあおることになり、販売促進効果が高まる。店頭などで配るスクラッチカードが典型的なものですが、ベタ付けと併用されることも多い。
最近では、商品に貼り付けた再剥離シールの内側に記載されている、シリアルナンバーをPCや携帯電話、スマートフォンの専用応募サイトから入力して応募するタイプのキャンペーンが人気です。

 

*マイレージとは

従来の「マイレージ」はアタリ・ハズレではなく、購入商品に対してポイントを消費者に与え、一定ポイントを貯める事で、「必ずもらえる」プレゼントのキャンペーン。 ポイント加算型のキャンペーンにすることで、反復購買につなげることができます。

 

いつのまにか「ノベルティー」自体が商品を超えた存在となり、メインの位置を獲得してしまうことも最早珍しい事では無く、昨今を見ても過去を遡り歴史を紐解いて行っても、「キャラメルについてくるおもちゃ」「ホログラムステッカーのついてくるウエハースチョコ」なども、気づけば立ち位置が逆転していて、いつの間にかその流れにそった商品作り一つの真実です。

 

ノベルティーは日本人の古典文化?

 

「ノベルティー」の歴史を遡っていくと、時は江戸時代まで遡ります。

とある歌舞伎のワンシーンにノベルティーが登場します。

当時は、贔屓にしている商店で買い物する事が基本で、お店が火の車の時には助け合うのが粋とされた時代。

当時でも大手だった三井越後屋(現 : 三越)が日本橋に移転してきたのをきっかけに、小さな商店の主人たちが負けまいと奮闘し、最終的には、江戸時代の「粋」に助けられ、立ち直っていく経営の人情話。

その話の中に出てくる、その当時に人気のある「歌舞伎役者」や「力士」を書いていた人気浮世絵師に開店日と人気の役者の姿絵を描かせ、買い物客に配った「引札」というものが出てきます。

今でいう、「有名百貨店×カリスマイラストレーター」のノベルティー欲しさに、馴染みの店に「粋」を置き忘れ、人々が三井越後屋に群がる様子が描かれ、古典芸能として歌舞伎の演目として演じられ続けています。

 

当時の庶民は、それをポスターのように部屋に配ったり、持っていないものを茶屋や酒場で「競り」を始めたり、トレードしたりしていたようです。

今も昔も根本は何も変わってはいないのではないでしょうか。

その事から思うのは「ノベルティ文化」というモノが日本人のDNAの中に生まれ持っているのではないでしょうか?

 

400年以上続いている、古典文化「ノベルティ」。

商品や、価値の大きさも様々で、万人ウケのするモノや、コアターゲット向けのマニアックなモノ。

様々なスタイルで今後も継続していく文化に成ると思っています。

たくさんの方々、企業様の「作りたい”文化”」の橋下駄となり、多くの人を渡らす架け橋を作るサポートし、長年愛されつづけ多くの人の心に残り、絶えることなく人々が来てくれる「日本橋」のような企業づくりを目指し邁進していきたいと思います。

iwa$aki

コラム│納涼会?暑気払い? – 二つの違いを調べてみました。-

paluc_column_2

納涼会?暑気払い? – 二つの違いを調べてみました。-

弊社では毎年、6月~7月に「納涼会」を催しております。

昨年は中国協力会社の10周年記念パーティーが深圳で行われタイミングに合わせパルック全社員で研修旅行と称して、深圳奥地のバーべーキュー場へ行って楽しみました。
一昨年は屋形船を貸し切り、イベントとして何故か紙相撲大会が行われトーナメント制で上位には豪華賞品が盛りだくさんでした。(意外に盛り上がり、びっくり?!)

(さらに…)

コラム│ARマーカとは?

マーカーって何?

ARシステムの入口として、まず「マーカー」と言う言葉が出て来ますね。
これは簡単に言いますと「本」で言うところの「表紙」? 家で言うなら「玄関」てな感じでしょうか?ARの始まりには「マーカー」 の存在は不可欠なのです。『ARマーカー』は、これから始まる「事=プログラム」 の置き場所と「スタートボタン」を兼ね備えています。

column_1

自分が写した写真もマーカ―に出来ます

ARマーカーと同様の機能を持つモノとして前回のコラムにも書いた「QR コード」がありますが、QR コードは「四角の内側に白黒ドットの配列」で、情報を読み取りますがAR マーカーはカラーの絵、イラスト、アイコン、写真など画像のコントラストで情報化する優れモノなので自分で写した「写真1 枚」でも、子供がクレヨンで描いた「らくがき」でもマーカーとして登録出来ればプログラムを起動させられます。

前回のコラムはこちら!

column_2

自分が写した写真もマーカ―に出来ます

解りやすく言うとQRコードは前もってコードを作る必要がありますが、ARマーカーは何十年も前から既に存在するポスターでも、これから制作するパンフレットの表紙でも登録さえ出来れば、後付けでもプログラムを走らせる事が出来るのです。

ARと言うだけで「難しそうなデジタルシステム」 と敬遠していた方、『自分が写した写真やらくがきがARの入口だと解ると簡単だと恩いませんか?』


mono+AR – モノアル – についてのお問い合わせ・ご相談はこちらをクリック!

monoar_topbanner

コラム│QRコードとの違い

QRコードとの違いについて

QRコード
ARと混同されがちなもののひとつがQRコードです。
どちらもスマートフォンなどのカメラで読み込むことで、特定の情報を受け取れるという点で使用感も非常に似ています。
さらに言ってしまえば、QRコードの機能と全く同じことがARでもできてしまいます。

ではARとQRコードの違いとはなんでしょうか?
ARはQRコードの進化版??

そう言えないこともありませんが、実はこの2つは主たる目的が違います。

 

QRコードの主な目的

→ 指定のURLを読み取らせ、ブラウザからwebサイトへ誘導

 

ARの主な目的

→ 様々なコンテンツにアプリ経由で直接アクセス

なぜこのような違いがあるのかは、機能の差を見れば分かりやすいかと思います。

QRコードの機能

・一つのQRコードにつき、1つの文字情報のみを設定可

・読み取れる情報の変更は不可

 

◎ARの機能

・一つのARマーカーにつき、複数のコンテンツ情報を設定可

・読み取れる情報の変更・更新が可能

 

要するにどういうことかを(語弊を恐れずに)まとめると……、

QRコードとは決まった部屋への特定のドアであるのに対し、ARは世界中のどの部屋にもつなげることのできる『どこで〇ドア』のようなものなのです。

 


mono+AR – モノアル – についてのお問い合わせ・ご相談はこちらをクリック!

monoar_topbanner

コラム│ARってそもそも何?

仮想現実はやり方次第で無限大!?

ota_column_photo_0129

正式名称はAugmented reality(オーグメンテッド・リアリティ)になります。

正式名称を聞かれても、今後覚えることもしないような名称ですが…。

 

ARとは何ぞやというと、特定の印刷物にスマホやタブレットをかざし、動画や画像、音声などの情報がご覧いただける次世代のデジタル仮想表現方法になります。

アプリをダウンロードし、特定の画像をカメラでスキャンするだけで、簡単に拡張現実の世界を体験できます。

 

このAR技術を広告・チラシ・年賀状などに応用すれば、活字での思いを伝える+α動画、画像等の情報もご提供できます。

 

企業とのタイアップはもちろん、社内での各部署PR。またご家庭の場合でも、かざして、お子様の成長した様子を動画として見れたりと、多種多様広がります。

スマホをかざす場所も自由に選べ、表示させたいコンテンツを後からでも、変更・編集することも可能です。

モノは試し!まずは、AR専用アプリをダウンロードし、実際に体感してみて下さい!


mono+AR – モノアル – についてのお問い合わせ・ご相談はこちらをクリック!

monoar_topbanner

コラム│中国の旧正月(春節)について

paluc_column_1

民族大移動!?

いよいよ、中国最大のイベント、旧正月(春節)が始まります。

旧正月とは、中華圏では最も重要な祝祭日であり、新正月よりも盛大に祝賀されます。

中国の行政機関である中国国務院弁公庁は、2019年2月4日~2月10日までを祝日の日程として発表しています。

春節の期間、中国の農村部から都市に来ている労働者は家族と過ごすため、地元へ戻ります。

このため、春節時には中国国内で大移動が起き、交通量が多くなる現象を「春運」というそうです。

(さらに…)

コラム│東京オートサロン2019に出店してきました!

− 2019 / 1/11~13 幕張メッセ

人・人・人、会場の人の多さにビックリ。

某有名アニメの〇〇〇大佐のあの名言が私の頭をかすめたかは秘密です。

 

T.M.WORKSさんのブースの一角を少しお借りして、

我らが竹岡圭さんの弊社製作オフィシャルグッズの販売をしてきました。

 

autosalon_column

やはり人気は、普段使いできるトートバッグ!?

会場の熱気さながら、おかげさまでオフィシャルグッズの売れ行きも好調。

トートバッグが特に人気が高く一番売れてました。

荷物も入るトートバッグは普段使いもラリー観戦などにも便利で使い勝手も良いのが

選ばれる理由のようです。

 

また、今回は竹岡圭さんご協力のもと、

初めてグッズ購入特典でツーショットチェキのサービスも。

私も試し撮りで貴重なツーショットさせていただきましたが、

スマホで撮るのとはまた違った、なかなか味のある写真うつりで、撮った皆さまにも大変喜ばれました。

totobag

 

 

 

 

 

 

 

 
⬆︎人気が高かった[トートバッグ / ¥1,000-]

 

今回の販売を通して根強いファンの方々の熱を直に感じ、応援し支えてもらっていることを

再認識しました。ファンの皆さまも、これからファンになられる方もどうぞ宜しくお願い致します。

 

コラムを御覧のみなさま!

圭rally project 継続のため、グッズ1枚応援をお願いします♪

ECサイトからもオフィシャルグッズご購入いただけます。

https://keigoods.official.ec/

コラム | 産学連携授業 中間発表会

中間発表会

デザインは料理に近い!?

2018年11月30日

産学連携授業の中間発表会に行ってまいりました。

前回のコラムにも書かせて頂いた、「一回目のプレゼンテーション」を受け、

我々がアドバイスをさせて頂いた内容を基に、生徒の皆さんの試行錯誤と先生の指導などが見事に混ざり合い、企画とアイデアが固まっていたのと同時に、

前回拝見させて頂いたキャラクターやグッズのイラストラフが、しっかりと描写されていて企画やグッズが大幅な可視化がされ、どの提案もとても見応えのあるプレゼンテーションでした。

第一回目のプレゼンの際には、宙に舞ったコーンスターチの粉末のように靄がかっていたアイデアが生徒の皆さんの頭の中で捏ねられ、寝かされた事でとても個性あるベースが出来上がったと感じました。

初回から驚かされたプレゼン能力=トーク力も企画とアイデアの方向性が決まったことによって、より一層に表情や話し方にも自信が現れたように感じられました。生徒の皆さんのプレゼン時のハキハキとした話し方や目線などは僕らも改めて「負けてられない!」と感じる程です。

次回は最終プレゼンとの事で、また今週末にお邪魔してまいります。

コラム | 産学連携授業 第一回プレゼンテーション

column_3

第1回目のプレゼンの日がやってきました!

弊社としては初めての試みとして「日本電子専門学校 グラフィックデザイン科」の産学連携授業に参画させていただく事となり、どんな課題を与えるかをとても悩んだのですが、やはり「PALUCらしい!」となるように「モノづくり」の会社ならではの楽しさ、その中にある難しさを伝えていければと思い、生徒の皆さんに与えた課題を基にどんなプレゼントなるかPALUCチームはとても楽しみに足を運びました。

我々は「架空のアイドルのグッズデザインと提案」という、かなり難しい課題を生徒の皆さんに与えましたが、心配していた事が吹っ飛ぶような、「アイデア」「構想・計画性」「販促性」などがあり、我々もとても感心いたしました。

与えた課題をどんな風に感じ、発想するか?

(さらに…)

コラム | 日本電子専門学校様との産学連携授業に参画致しました。

column_2

 「日本電子専門学校 グラフィックデザイン科」の一年生の進級制作課題の産学連携授業に、PALUCのデザインルームがお手伝いさせて頂く事となりました。

弊社としても、初めての事に戸惑いながらもチームとして、デザインを学び始めた1年生の生徒の皆さんに「考える力」そして「考えたことを表現する力」そして、プレゼンテーションを通して「伝える力」のタネを植えつけられればと思います。

点と点が繋がり一本の線となる過程を「楽しみながら」「悩みながら」一緒に頑張って頂ければと思います。

PALUCは一般的なデザイン会社ではなく、「モノづくり」の企画・提案・製作を行なっています。PALUCらしく「モノづくり」につながった課題のオリエンテーションをしてきました。

さて、我々PALUCチームが今回生徒の皆さんに出した課題は、

(さらに…)