コラム | 美術館巡り⑤ザ・フィンランドデザイン展

渋谷にあるBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「ザ・フィンランドデザイン展-自然が宿るライフスタイル」に行ってきました!

コラム画像1

フィンランドと言えば、みなさん何を思い浮かべますか?オーロラ、ムーミン、マリメッコ、サンタクロース、サウナ・・・といったところでしょうか。

自然豊かのフィンランドでは、冬が長く寒さも厳しいため、寒さに疲れた体を癒すサウナが発達しました。フィンランドの北部ラップランドでは、オーロラが年間200回以上発生、サンタクロースの住処もラップランドと国営放送で宣言されているそうです。

そんな自然と人間が調和したフィンランドでは、デザインも自然の影響を受けながら、進化してきました。

今回のザ・フィンランドデザイン展では近代化とともに発展したデザインの歴史を紹介しています。

1917年にロシアから独立したフィンランドが、観光業として収入を得るために力を入れた観光プロモーション用のポスターのグラフィックデザインの発達から、イッタラのガラス製品、アラビアの陶器、アルテックのスツール、フィンレイソンやマリメッコのテキスタイル等、日本にいる私たちにも身近な商品がたくさんありました。印象的だったのが、1930~70年代の商品ですが、ムーミンのトーベ・ヤンソン、マリメッコのマイヤ・イソラなど、女性作家・デザイナーが多く活躍していたことです。今見ても素敵な商品がたくさんありました。

会場内での撮影がNGだったので、ミュージアムショップで購入したグッズを紹介させていただきます!

コラム画像2

ミュージアムショップ入口すぐに、撮影OKのアルテック社アルヴァ・アアルトの家具のが展示されていました。

一番左の「アームチェア・パイミオ」は結核患者の療養所ためにデザインされ、110℃の角度につくられた背もたれは呼吸をするのに最適とされているそうです。

真ん中のスタッキングチェア【スツール60】はスタッキングできるように3本脚で設計され、創業以来800万脚以上売り上げているロングセラー商品だそうです。日本でも2017年にミナペルホネンとのコラボ商品が発売され、すごく可愛くて欲しかったのを思い出しました・・!

そんなアルヴァ・アアルトシリーズのグッズがガチャになっていました!

コラム画像3

私が引いたのは、【スツール60】のイエロー。展示もされていたカラーで本当に可愛いです・・!他にも【アームチェア・パイミオ】や【ティートロリー】、【66チェア】の名作がミニチュアになっていて、何回もガチャを回したくなってしまいます。

コラム画像4

ミニチュア家具のガチャはフィギュアを飾るのにもちょうどいいですね!

(aiboのガチャのサイズにちょうど良かったです)

そのほかにも、マリメッコのマグカップやポーチ、バッグ、イッタラのグラスやムーミンのグッズもたくさんありました。

 

1/30まで開催しているので、ご興味のある方はぜひ訪れてみてください。

コラム|ある日、突然訴えられることも?

画像2

 

みなさんはモノの権利侵害について意識したことはありますか?

権利侵害とは特許、実用新案、意匠、商標などの知的財産を侵害することで発生します。

特許庁が公開する資料によると2019年の出願は国内外あわせて約36万件となっています。

また知的財産高等裁判所の統計では2019年/510件、2020年494件の訴訟が行われています。

その中で今回は実用新案と意匠登録についてお話させていただきます。

 

■実用新案とは

使いよさなどモノの価値が増すように、形状および構造や組み合わせに価値を加えた考案。

特許庁に申請して無審査登録、存続期間は出願日より10年間

 

長所:短期間(約3か月)で出願から登録が可能

短所:特許庁に審査、許可が不要なので拘束力が弱い

 

【費用目安】

申請手数料・・・・・120,000円~

印書代・・・・・・・2,000円(1件あたり)

印紙代・・・・・・・14,000円(1件あたり)

登録料・・・・・・・2,100円(1年あたり)

図面作成費・・・・・実費(難易度により変動)

 

■意匠登録とは

考案された意匠の専用権などを、特許庁に申請して意匠原簿に記載すること。

最大で20年間専用権が発生する

 

長所:特許庁の審査/許可があるので拘束力が強い

短所:出願から登録までに時間がかかる(約1年6か月)

 

【費用目安】

申請手数料・・・・・50,000円~(難易度により変動)

印紙代・・・・・・・16,000円(1件あたり)

図面作成費・・・・・実費(難易度により変動)

 

審査許可時

登録手数料・・・・・50,000円~(難易度により変動)

登録料・・・・・・・8,500円(最初の1年~3年目までの1年あたり、4年以降~20年目までは1年あたり16,900円)

 

権利侵害が発覚して、権利者が権利行使した場合は知らなかったでは済まされず、大なり小なり何らかのペナルティが発生します。

また取引先に対しても権利侵害品を販売してしまったとなると企業イメージダウンは免れず、販売差し止めならびに回収や損害賠償請求まで発展する可能性もあり企業として確実にダメージを受けます。

なので普段から権利侵害について、きちんとした認識を持ち、事前調査することをオススメします。

 

 

※12月末時点の情報

※本コラムは弊社で調査した情報をもとに作成しておりますが、正確性や確実性を保証するものではございません。

実際の調査などにつきましては専門機関にお問い合わせください。

コラム | ネーミングの妙(みょう)…クリスマスと幼少期のトラウマ

クリスマスイメージ

 

クリスマスになると、シーズン限定のケーキが発売されますね。

いつもよりも華やかな夢のあるデコレーションで……。

ところが私、“クリスマスケーキ”って苦手なんです(;^_^A

 

ケーキは大好きなんですよ。どんなケーキも。

でも、サンタのメレンゲ菓子が乗っていたり、チョコプレートに「Merry X’mas」と描かれて

いかにも「クリスマスッ!」って感じに強調されると、とたんに食べる気が失せてしまうんです。

 

それは私の幼児体験から来ています。両親は自営業を営んでおり、商売上のお付き合いで

町内のケーキ屋さん(小さい町なのに何軒もありました)すべてから1個ずつホールで買っていました。

また、うちの店を担当してくれている仕入れ先の営業さんが、ケーキを取り扱っている業種でもないのに

なぜかケーキの受注を懇願してきて(今なら大人の事情はわかります)、人のいい父は必ず注文。

かくして我が家には、12月24日には大量のホールのケーキが何個も届き、

冷蔵庫に入らない分は、寒い屋外に置いていました(笑)

 

いくらケーキが好きでも、連日ケーキはさすがにしんどい。

しかも当時はバタークリームが主流だったものですから、味が重い!

美味しくてもとにかく大量には食べられないものでした。

幸い、ある時期からは食べ盛りのアルバイトの学生さんたちが喜んで食べてくれるようになったので、

ケーキの拷問(?)から解放されましたが、今でも“クリスマスの時だけ”はケーキを食べる気になれません。

“クリスマス”って付かなければ食べられるんですけど。罰当たりな悩みで反省はしています。

 

でも、ネーミングって大切だなと思います。

いつだったか、姓名判断を生業としている知人からこんな話を聞きました。

「名前は確かに大事。たとえばここに1枚の布があるとします。

それを『雑巾』と呼ぶか『ふきん』と呼ぶかで、同じ布でも印象が変わるでしょ?

画数云々も考えたらキリがないけれど、要は「イメージ」ですよ。

そういう意味で名前は大切なんです」と。

 

同じ商品でも名前を変えただけで爆発的に売れ行きが伸びたり、

芸名やユニット名を変えたら急に売れっ子になった芸能人も数多くいらっしゃいます。

たかが名前、されど名前。ネーミングって不思議だし大事ですね。

 

ちなみに私の名前は、運勢的にはあまり良くないらしいです。

でも、すごく気に入っているんだと件の姓名判断をしている知人に言うと、

「変えたほうがいい人ほど今の名前を気に入っているパターンって多いのよね」と言われてしまいました。

せめて姓が変われば多少は運気が変わりそうなものだけれど、あいにくその予定もありません(-_-;)

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
年末年始の休業期間について、以下の通りお知らせいたします。

【年末年始休業期間】2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火)

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承いただきますようお願いいたします。
なお、1月5日(水)からは平常通り営業いたします。

コラム | 美術館巡り④和田誠展

新宿・初台にある東京オペラシティアートギャラリーで開催中の「和田誠展」に行ってきました!
和田誠展 (2)

イラストレーター、グラフィックデザイナーとして有名な和田誠さん。幼少期、中学~高校時代、多摩美術大学在学中の作品、ライトパブリシティ入社後の広告デザインから独立後の本の装丁、絵本の挿絵、雑誌の表紙、映画や舞台のポスター、監督をした映画作品まで、年代別に幅広く展示していました。

和田誠展 (5)

中でも圧巻だったのが、週刊文春の表紙のイラストでした!

大きな会場の部屋の入口から出口近くまで、文春の表紙で埋め尽くされていました。

1977年5月~2007年7月の40年間、2000回もの表紙のイラストを描き続けたそうです。週刊文春といえば、中身のセンセーショナルな記事に目が行きがちですが、表紙はお座りしている猫やパンダ、パイナップル、鳥のモチーフなどあらためて注目すると、かわいらしいデザインも多く、意外な感じがしました。それまでの週刊文春の表紙は、他の週刊誌と同じく女優さんの写真が使われていたそうです。その後、和田誠さんのイラストに変えてからは女性読者も増えたようです。

そのほか、奥様の料理愛好家でシャンソン歌手・平野レミさんのためにデザインしたセーターやオリジナル眼鏡、家族で愛用していた絵皿も展示されていました。

 

そして、やはり素敵な展示会ではグッズも気になります!

和田誠展 (9)

グッズ自体は、Tシャツ、バッグ、ポーチ、クリアファイル、タオル、缶バッジ等の一般的な商品が多かったのですが、ひとつひとつの商品にポップがついており、その内容がしゃれていました・・!

“マグネットは長方形。「ポスターや装丁も長方形」

マグネットは世界中のミュージアムショップでベストセラーであり続けるのか、それは謎ですが、マグネットの小さな四角形は、本の装丁や街に貼られるポスターを連想させます。自宅の壁につくる、ひそやかなコレクション。お気に入りの作品だけを、自由に並べて飾れる楽しみがマグネットにはあるのかもしれません。そうそう「夜のマルグリットのマグネット」も忘れずに”

こんな風に書かれていたので、思わずマグネットとバンダナを買ってしまいました!

弊社でもマグネットはよく製作するグッズのひとつですが、商品デザインやギミックだけでは無い、販売の仕方としての参考になりました。

和田誠展 (1)

今回購入したグッズがこのふたつ、マグネット「旅の絵日記」、バンダナ「21頭の象」。

バンダナもマグネットもとにかく可愛いです!

 

東京オペラシティギャラリーでの開催は12/19までですが、そのあと来年から再来年にかけて、熊本・北九州・新潟・愛知等、全国で巡回展を行うようなので、ご興味のある方はぜひ訪れてみてください。

 

コラム|コロナ禍の生産管理

 

画像1

最近も新たな変異株の発生があったり、まだまだ予断を許さない状況が続いているコロナウィルスですが

近年はコロナ禍によりライフスタイルや働き方にもさまざまな影響が出ています。

弊社でも海外出張自粛やリモートワーク導入など大きな変化がありました。

今回は生産管理体制についてご説明します。

 

■コロナ前の生産管理体制

・生産前の工場監査

・生産中の立会検品

・出荷前検品

・国内受入検品

 

↑コロナ禍で海外出張が困難な状況になり生産管理体制の見直し、強化を実施しました。

 

【コロナ前より導入済み】

■不良予測シート作成

あらかじめ不良が発生しそうな箇所を予測してお客様、生産工場と共有して対策します。

画像や動画を使用してお互いに理解しやすい資料作成が重要となります。

国内第三者試験機関と連携して専門的な意見を取り入れることもあります。

 

【コロナ後より導入】

■段階的検品

量産を初期(20~30%)/中期(40~60%)/後期(70~80%)/出荷前(90~100%)に区分して検品を実施します。

ほとんどAQL(抜き打ち)検品が多いのですが、生産数量や条件により全数検品も可能です。

 

主な検品方法

・第三者機関による全数検品およびAQL(抜き打ち)検品

・日本に生産品を発送して国内検品

 

■オンライン生産管理

・現地担当者と週に1~2日、オンラインミーティングを実施

・協力会社や第三者機関、検品会社による生産前工場監査/生産中立会検品/出荷前検品にオンライン参加

 

オンライン生産管理導入当初は現地立会と比較して製品の詳細や質感などの確認が難しかったり、現場のネット

環境が不安定だったりと思うようにいかないことも多々ありましたが、トライ・アンド・エラーをくりかえして

現在は社内独自の管理体制を構築しています。

 

弊社では厳しい状況の中でもお客様へ安心安全な商品をお届けする為に日々、創意工夫をして生産管理を行っています。

まだまだコロナ禍の終息が見えない状況ではありますが、海外生産をご検討の際には是非、ご相談ください。

 

【問い合わせ先】

株式会社パルック/企画営業部

>>お問い合わせはこちらから

コラム |「足」だけは…の悲喜劇

先日、久しぶりに靴を買いました。若い頃はデザイン重視でヒールが7cmや10cmのハイヒールを平気で履き、どんなに足が疲れても痛くても根性で履き続けていました。足に合う靴を買うのではなく、履きたい靴に無理やり足を合わせるという、シンデレラの意地悪姉さん状態(笑)

しかしもうそんな無理はきかない年齢と足の状態になってしまい、今は長時間履き続けても足が痛くならないことが必須。東日本大震災を経験し、交通機関が使えなくなった場合に残される移動手段は己の足のみ!を実感したということもありますね。

ところがご存じの方も多いと思いますが、靴は服以上にメーカーやデザインによってフィット感が異なります。たとえばA社製造の靴は23cmでも入るのに、B社製造の足は24cmじゃないと入らない…とか(靴に限ったことではありませんが)。

この日、私はシューフィッターさんのいるお店で、初めてコンピューターで細かく足の計測をしてもらいました。そうしたら、今まで23.5cmと思っていた私の足のサイズはなんと25cm! しかも立派なたくましい体型と違って(笑)足の幅と指はとても細いんだそうです。だから23.5cmでも難なく入り、両幅が余るので足がつま先方向に滑ってしまい、指を曲げて踏ん張るようにして履いていたのでしょうとのこと。

確かに私の靴は、親指部分がすぐに傷んでインソールに穴が開くほどでした。ご指摘通り靴の中ですごく踏ん張っていたんですね。だけどまさか25cmだったなんて!

この日、狙いをつけていたのはややドタッとした見るからに幅広のタイプ。だけどそれだと前述したように私の足幅には大きすぎるため、足が靴の中でどんどん前に行ってしまい、ハンマートウになりやすいとNGを出されてしまいました。そしてシューフィッターさんに選んでもらって履いてみた初めての25cmの靴。数字から受ける印象ほど大きく感じられません。何よりウソみたいに見事にフィット! 値段は予算よりちょっとお高めでしたが、自分の体のために迷わず購入。靴だけはいいものを履かないと、肩こりや腰痛等、体のあちこちに支障をきたしかねませんからね。

入店してから買い物を終えるまで幾度となくスタッフさんに言われた「お客様は非常に足(&足指)が長くてほっそりしていらっしゃいますぅ~♡」。

これが「足」じゃなくて「脚」のことだったらどんなに嬉しかったことか! そして手の指ならともかく、足の指”だけ”が白魚のような……なんて、嬉しいような悲しいような……。

コラム|【激レア!】ほぼ皆既月食に近い部分月食

本日11月19日(金)の夕方から20時ごろにかけて、月の約98%が隠れる「ほぼ皆既月食に近い部分月食」が見られるそうです。

部分月食自体は年に3回程度、皆既月食も100年間で約85回起きるそうで、意外と多いなという印象です。

ただ今回の「ほぼ皆既月食に近い部分月食」が日本で見られるのは1932年9月15日以来の89年ぶり、しかも次回は65年後の2086年11月21日とのことで、めちゃくちゃレアケースなんですね。

そう考えるとあまり興味のなかった私でも、見ておかないと損な気にすらなってきました。

みなさんもぜひ今夜は東の空を見上げてみてください。

コラム | 美術館巡り③イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜展

丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン展」に行ってきました!

画像1

この三菱一号館美術館、古い洋館の建物がとにかく素敵です!気になって調べたところ、明治時代に政府の建築顧問だったジョサイア・コンドルの設計だそうです。ただ1968年に老朽化に伴い一度解体され、その後2009年に復元したレプリカが今の美術館になっています。

画像2

今回の展覧会の目玉作品でポスターにも使われている「睡蓮の池」

日本初来日だそうです。池の水に映る光が強く強調されていて、とても素敵でした!モネはジヴェルニーの自宅の庭に睡蓮の池を造り、晩年までの約30年間で250枚ほどの睡蓮の絵を描いたそうです。モネは時間、季節、天候によって池に映る光の変化を追いかけ、同じテーマの作品をたくさん描いた画家ですが、同じ睡蓮でも作品によって印象が全然変わってくるなと思いました。。
IMG_9629

今回の展覧会でモネと同じぐらい印象に残った作品がこちら、レッサー・ユリィの「夜のポツダム広場」

館内の離れた隣の部屋からもこの青と黄色の色合いが目を引き、人だかりができていました。日本ではかなりマイナーな画家ですが、他のモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャンなどの巨匠を差し置いて、唯一この無名画家のポストカードが即日完売したそうです。そんなことは前代未聞で、アートテラーの方が言うには2021年最大の事件、らしいです(とスポーツ報知に書いてありました)

画像4

帰りに見た夜の東京駅も、ユリィの夜のポツダム広場に負けないぐらい綺麗でした!こちらは三菱一号館を設計したコンドルの弟子の辰野金吾の設計です。

2022年1月16日まで開催しているので、ぜひ興味のあるかたは足を運んでみて下さい。