コラム│QRコードとの違い

QRコードとの違いについて

QRコード
ARと混同されがちなもののひとつがQRコードです。
どちらもスマートフォンなどのカメラで読み込むことで、特定の情報を受け取れるという点で使用感も非常に似ています。
さらに言ってしまえば、QRコードの機能と全く同じことがARでもできてしまいます。

ではARとQRコードの違いとはなんでしょうか?
ARはQRコードの進化版??

そう言えないこともありませんが、実はこの2つは主たる目的が違います。

 

QRコードの主な目的

→ 指定のURLを読み取らせ、ブラウザからwebサイトへ誘導

 

ARの主な目的

→ 様々なコンテンツにアプリ経由で直接アクセス

なぜこのような違いがあるのかは、機能の差を見れば分かりやすいかと思います。

QRコードの機能

・一つのQRコードにつき、1つの文字情報のみを設定可

・読み取れる情報の変更は不可

 

◎ARの機能

・一つのARマーカーにつき、複数のコンテンツ情報を設定可

・読み取れる情報の変更・更新が可能

 

要するにどういうことかを(語弊を恐れずに)まとめると……、

QRコードとは決まった部屋への特定のドアであるのに対し、ARは世界中のどの部屋にもつなげることのできる『どこで〇ドア』のようなものなのです。